• 滋賀県
  • 湖南地域
  • 湖東地域
  • 湖北地域
  • 湖西地域

    支援者数

    0

    現在の支援金額

    0

    目標金額は、2000000円

    ニュース

    2020.6.22

    あと宿滋賀県特設ページが公開されました!
    割引販売の開始は7/15を予定しております。

    滋賀の見どころ

    日本のほぼ真ん中に位置する滋賀県。
    その中央に県土の約6分の1を占める日本最大の湖・琵琶湖を抱え、周囲には緑豊かな山々や田園風景が広がる、水と緑の豊かな自然にふれ合うことができるところです。悠々と水をたたえる琵琶湖と周囲が織りなす美しい風景は、季節の移ろいに応じた折々の景観として楽しむことができます。びわ湖の雄大さと変化に富んだ風景は、「琵琶湖八景」や「近江八景」として風光明媚な景色を紹介しています。また、交通の要衝の地でもあり、古くから文化・経済の先進地として栄えたこの地には、古刹・名刹の歴史ある寺社や戦国時代をはじめとする英傑たちの足跡、歴史情緒が残る町並みなど、奥深い歴史文化があり、国内有数を誇る歴史文化資産は、今もなお県内のそれぞれの地域で大切に守り伝えられています。

    滋賀の宿施設一覧

    施設数 0件

    湖南地域

    近江富士の麓で湖国の恵みと伝統を楽しむ

    四季折々の自然や、豊かな食材。ここでしか味わえない魅力がいっぱいの湖南エリア。
    古来交通の要衝で、歴史の舞台にもなり、豊かな文化が育まれました。一方、湖魚や野菜、近江米に近江牛と、おいしいものの宝庫としても知られます。

    この地域の宿泊施設

    湖東地域

    近江商人ゆかりの地を訪ねる

    近江商人は、主に江戸から明治にかけて滋賀県を拠点に、全国各地で活躍しました。近江商人も設立に関わった、私鉄・近江鉄道が走る湖東エリアには、趣ある本宅や、故郷に寄贈した施設など、近江商人の足跡が数多く残っています。

    この地域の宿泊施設

    湖北地域

    新旧の文化が交錯する町並み

    ゆっくり、のんびり、めぐりたい。風情あふれる北国街道の宿場町、米原・長浜・木之本。明治には鉄道が開通し、文明開化の香りも漂いました。

    この地域の宿泊施設

    湖西地域

    水と暮らしの文化を訪ねる

    古来より穢れを除き、病を癒すと考えられてきた水。豊かに水をたたえる琵琶湖を抱く近江には、水と人の営みが調和した文化的景観が点在しています。琵琶湖とその水辺景観一祈りと暮らしの水遺産を訪ねて改めて水の大切さについて想いをめぐらしてみませんか?

    この地域の宿泊施設

    滋賀ってどんなところ?

    • 佐々木 由紀公益社団法人びわこビジターズビューロー

      日本のほぼ真ん中に位置する滋賀県。
      そして、さらに滋賀県の真ん中には、日本最大の湖・琵琶湖があります。夏は湖のほとりで水遊び、冬はコハクチョウの観察など四季を通して楽しめる湖です。
      琵琶湖の美しさは、雄大さと変化にとんだ風景を選んだ「琵琶湖八景」や、江戸時代後期の有名な浮世絵師・歌川広重が描いたことでも有名な「近江八景」でも表されるように、季節や時間帯によってさまざまな魅力があります。
      また、琵琶湖周辺には緑豊かな自然があり、ハイキングやスキー、お花見や紅葉狩りなど健康に関心がある方にもおすすめです。お花畑などのフォトスポットでは、ぜひ思い出に残る一枚を撮影してください。
      旅の楽しみの一つは「ええもん・うまいもん」ですよね。滋賀県には、日本に誇るブランド牛・近江牛があります。すき焼きに鉄板焼きに・・・。お好きなメニューでお楽しみ下さい。琵琶湖でとれる魚も、季節によってさまざまな種類が味わえます。
      滋賀県は、交通の要衝の地でもあり、古くから文化や経済の先進地として栄えました。街道沿いには歴史ある寺社仏閣があり、教科書で学んだ歴史人の足跡や情緒が残る町並みが見られます。そういった歴史文化資産は、今もなお県内のそれぞれの地域で大切に守り伝えられています。
      特に今年は、明智光秀公が主人公の大河ドラマ「麒麟がくる」に合わせて、戦国武将のゆかりの地や史跡などを周遊する観光キャンペーン「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」を開催しています。県内各地で繰り広げられるイベントなどにぜひお出かけ下さい。

    • 田井中 徹ホテルサンルート彦根

      滋賀県には戦国時代から江戸時代初期に建てられた城が非常に多くあります。滋賀県は文化財保有順位では、国宝は都道府県5位、重要文化財は4位と歴史と文化の県として、観光素材満載の県です。
      中でも「お城」や「城郭」は日本の歴史に登場してくる有名なお城が多く、現在NHKの大河ドラマで放映されている「麒麟がくる」に出てくる明智光秀の「坂本城」や織田信長の「安土城」など一度は見ておきたい城郭があります。
      中でも、日本の国宝5城の一つ「彦根城」は400年前の天守が現存しており年間多くの観光客が訪れます。彦根城は天守だけではなく内濠、中濠が残っており、江戸時代の足軽屋敷も城下町に保存されております。滋賀県ではこの彦根城の世界遺産登録を目指しております。また内濠では、昔使われていた屋形船を再現して内濠から天守を見上げ、船内では語り部による彦根城の歴史を楽しめるる観光サービスも行われています。
      滋賀県の観光は、奥が深くじっくりと時間をかけて周遊していただくことをお勧めいたします。きっと、歴史の本で見たもの、読んだものを、実物を見ることによって感動が目覚めるでしょう!

    • 森中 高史滋賀県商工観光労働部

      何と言っても交通アクセスが良い。京都駅からなんと、2駅9分で大津駅に到着♪大津駅からはタクシー3分で琵琶湖岸へ到着です!
      新幹線で京都駅に降り立って、20分もすれば湖岸での非日常が待っています。琵琶湖でのウォーターアクティビティや雄大な自然でのキャンプやグランピング。そしてナショナルサイクルルートにも指定された「ビワイチ」。サイクリングで琵琶湖一周を楽しみませんか。
      さらに、滋賀県は東京、京都、奈良に次ぐ日本第4位の国宝・重文指定件数を誇る文化の薫り高い県。交通の要衝で、古代から近代まで歴史上の重要な舞台となってきた滋賀・近江。「近江を制する者は天下を制す」と言われ、信長の安土城、秀吉の長浜城、光秀の坂本城、そして国宝彦根城など、歴史上名高い城が数多く立地してきました。
      3密とは無縁の環境で、万全の感染症対策の中、ゆっくりゆったり、適度な疎の中で観光を楽しみながら、近江牛や、鮒ずしなどの発酵食文化、そして30以上もの個性ある酒蔵の地酒を楽しんでいってください!

    • 櫻 紀代子紅鮎

      母なる湖・琵琶湖を持つ滋賀県の旅は、湖の東西南北で風土や景色、空気も異なります。加えて忍者で有名な甲賀エリアには山並みが広がり、湖国滋賀の見せる色々な表情を体験していただけます。
      私のおススメは湖畔で何にもしないで琵琶湖をボーっと眺めること。こんな時期だからこそ、なんにもしないために旅に出る。滋賀にぜひお出かけください。